日本の漆を守る活動にご支援を

手ぬぐいを購入して漆の植樹を支援してください

NPOウルシネクストの活動

私たちはウルシの苗づくり、植樹活動に取組み、日本の漆を守る活動をしています

私たちの思い その1:日本の貴重な財産である国宝・重要文化財を守りたい

日本の歴史、文化、芸術、技術の発展を支えてきた漆

漆は縄文時代から器や耳飾り、首飾りなどに使われ、以降、法隆寺玉虫厨子、唐招提寺鑑真和上坐像や興福寺阿修羅像、正倉院御物、厳島神社、平等院鳳凰堂、東大寺、中尊寺金色堂、金閣寺、日光東照宮といった数多くの仏像、工芸品、寺社建築などに使われ、日本の歴史、文化、芸術を形作ってきました。

近世以降は、漆でしか作り出せない漆黒と呼ばれる深い黒色や蒔絵など繊細な装飾がヨーロッパ人を魅了し、日本を象徴する輸出品としても活躍してきました。一説には陶器がChinaと呼ばれるように漆器はJapanと呼ばれていたと言われています。

漆なくしては日本を語れないほど、漆は日本人に深く関わって来ました。

しかし漆の利用は減り続け、自給率もわずか2〜3%、天然漆を使った漆器の漆もほぼ全てが中国産

日本で使われている漆

戦後、石油化学の発展、ライフスタイルの変化などから天然漆の需要は大幅に減少しました。

さらに高価な国産漆から比較的安価な中国産漆への移行が進み、現在国内で使われる漆の97〜98%が中国産です。

自給率2〜3%となってしまった国産漆もほぼ全てが国宝や重要文化財の修復用に使われるため、各地の伝統工芸の漆器製造は中国の漆に頼らざるをえない状況となっています。

国産漆のほぼ全てが国宝・重要文化財の維持・修復用に。それでも必要量の半分にも満たずに文化財が危機的状況に

国宝や重要文化財は継続的な修復によって維持、保存されています。

多くの文化財には漆が使われており、国の定めもあって修復には国産漆が必要です。毎年生産される国産漆のほぼ全てが修復に使われていますが、それでも毎年2.2トンの必要量に対して現状の生産量は1トンほどしかありません。

国産漆の不足による修復作業の遅れは国宝や重要文化財に危機的な影響を及ぼします。

このままでは先人たちが守り続け私たちに引き継がれた日本の宝を、私たちの代で失うことになりかねません。

日本の文化財を守るために、漆を増やさなくてはなりません!

国宝・文化財に必要な漆は年2.2トン

※文化庁の試算

文化財を守り、次の世代に引き継ぐことは現代に生きる我々の責務です。

文化を守るということは、日本人が日本人らしく生きられるアイデンティティと誇りを守ることに他なりません。グローバルな社会だからこそとても大切なことです。

ウルシを植えて漆を増やし、日本の文化、そして日本の未来を守りましょう!

私たちの思い その2:海洋プラスチック問題を解決したい

漆は安全・安心・エコで再生可能な優れた素材

ウルシは世界でも東・東南アジアのごく限られた地域でのみ生息する樹木です。

樹皮に傷をつけると樹液が滲み出します。これを精製して塗料や接着剤などとして使われます。

漆は乾燥するとガラスと同程度まで硬くなり、酸、アルカリ、熱にも溶け出すこともなく、さらに抗菌作用があります。また採取、精製、塗り、乾燥という利用工程においても大量の水や電気を使うこともなく有害物質も出しません。

漆は安全・安心・エコな天然素材です。

深刻さを増す海洋プラスチック汚染問題

海に流れ込んだプラスチックゴミが海洋を汚染し、地球規模の問題となっています。

生態系にも影響を及ぼし、漁網などに絡まったりポリ袋を餌と間違えて摂取するなどで、魚、鳥、海洋哺乳動物、ウミガメといった約700種もの生物が傷つけられたり死んだりしています。

また、自然に分解されないプラスチックは小さな粒子となり、魚などを通じてわれわれ人間の体にも取り込まれていると言われています。

2050年には海洋プラスチックの量が海にいる魚を上回るという予測が出ています。

漆でプラスチック問題解決にアプローチ

世界中でリサイクルや代替素材の開発など、さまざまな分野で対策が急がれている今、私たちは漆という優れた素材に注目しています。

漆は乾燥するととても硬くなる一方で、海に流れ込んでも紫外線と海水で分解され、プラスチックのように残って環境を汚染し続けるようなことはありません。

私たちは大学や企業の研究者と共同で漆を活用したプラスチック代替素材の開発や新たな用途開発、漆の素材産業化に取り組んでいます。

漆という再生可能で持続可能な資源を増やすことで、プラスチ ック代替などの研究を推し進め、その活用を拡げることで環境問題解決に貢献できます。

ウルシノキを植えて漆を増やし、地球環境を守りましょう!

手ぬぐいを購入して漆の森づくりをご支援ください

漆を増やすことは時間も手間もかかりますが、1本1本のウルシの木が日本の宝を守り、次の世代の未来につながると信じて、私たちは漆の森を拡げます。

特製のうるし手ぬぐいを購入して漆の森づくりを支援してください。収益はすべて漆の育苗、植樹などNPO活動に役立てられます。

ご支援をよろしくお願いいたします。

特製!漆づくし手ぬぐい

金継ぎの著書もある漆作家であり漫画家の堀道広氏にご協力をいただき作られた、漆づくしの特製手ぬぐいです。

漆掻きから漆器作りまで、道具や作業をデザインした素朴で可愛い絵柄の手ぬぐいです。

漆器の拭き上げにもぴったりとウルシスト®加藤千晶さんもご愛用&ご推奨の一品。

手ぬぐいとしてはもちろん、壁にかけたり、テーブルクロスの代わりにしたり、バッグに結んだり、アイデア次第で暮らしを楽しくしてくれます。

価格
1,500円 (税込 1,650 円) 

全国送料無料

サイズ(cm):35×90

クリックポスト(日本郵便)で郵便受けへのお届けとなります。配送日時の指定はできませんのでご了承ください。

クレジットカード、Amazon pay、PayPal、ApplePay、GooglePayをご利用いただけます。

漆のもりびと倶楽部は、漆のもり(森)を作り、漆をまもる(守り)活動を支える仲間の会です。 

日本の文化を守り、地球環境を守るために、会員のみなさまのご支援でウルシの苗を育て野山に植樹して漆の森を作っています。 

ご支援によって私たちは漆の森を拡げます。そして日本の漆を増やします。それが日本の国宝や文化財を守り、環境問題解決に向けた取り組みの助けとなります。 

会員になって漆の森づくりを支援してください。

PAGE TOP
MENU