ウルシネクストのSDGsへの取り組み

4 質の高い教育をみんなに

4.7 2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。
ウルシネクストは
漆の理解を図る広報活動、漆器利用の促進を図るライフスタイルの提案活動、セミナーやワークショップなどの学習体験活動を通じて、SDGs達成につながる知識や技能習得の機会提供に取り組みます。

6 安全な水とトイレを世界中に

6.6 2020年までに、山地、森林、湿地、河川、帯水層、湖沼などの水に関連する生態系の保護・回復を行う。
ウルシネクストは
ウルシノキの植林や放置された土地の有効活用推進を通じて、山林、森林、水源地などの保全に取り組みます。

8 働きがいも経済成長も

8.9 2030年までに、雇用創出、地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する。
ウルシネクストは
ウルシノキの植樹を通じて林業振興に寄与し、伝統工芸や漆を使った新しい製品の開発や販売を通じて、雇用の創出や地域産業の活性化に取り組みます。

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

9.4 2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。
ウルシネクストは
新しい漆の採取技術の開発、ウルシノキの品種改良などに取り組み、漆資源の効率的な利用プロセスの構築を図ります。

11 住み続けられるまちづくりを

11.4 世界の文化遺産および自然遺産の保全・開発制限取り組みを強化する。

11.6 2030年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。

11.a 各国・地域規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部及び農村部間の良好なつながりを支援する。

ウルシネクストは
  • 漆の増産、自給率の向上により文化財保護に必要な漆を供給体制の確立に取り組みます。
  • 漆を活かす・使う活動を通じてゴミをできるだけ出さないライフスタイルへの転換や、プラスチック製品の使用抑制に取り組みます。
  • ウルシノキの植樹を通じた森林や里山の保全、放置された土地の有効活用を図り、都市を支える農村部の健全な発展に取り組みます。

12 つくる責任つかう責任

12.2 2030年までに天然資源の持続可能な管理および効率的な利用を達成する。

12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じて化学物質やすべての廃棄物の環境に配慮した管理を達成し、大気、水、土壌への排出を大幅に削減することにより、ヒトの健康や環境への悪影響を最小限に留める。

12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。

12.8 2030年までに、あらゆる場所の人々が持続可能な開発および自然と調和したライフスタイルに関する情報と意識を持つようにする。

ウルシネクストは
  • ウルシノキの持続的な育成体制の確立、新しい漆の採取技術の開発、ウルシノキの品種改良などに取り組み、漆資源の効率的な利用プロセスの構築を図ります。
  • 漆を活かす・使う活動を通じてゴミをできるだけ出さないライフスタイルへの転換や、プラスチック製品の使用抑制に取り組みます。
  • 漆器など天然素材で作られ修理が可能な製品の利用促進、脱使い捨てライフスタイルの提案活動を通じて、ゴミの削減に取り組みます。
  • 漆の理解を図る広報活動、漆器利用の促進を図る提案活動、セミナーやワークショップなどの機会を通じて、自然と調和したライフスタイルの普及に取り組みます。

13 気候変動に具体的な対策を

13.2 気候変動対策を国別の政策、戦略及び計画に盛り込む。

13.3 気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する。

ウルシネクストは
生産や加工の工程、廃棄において大量のエネルギーを消費しない漆の活用を推進してCO2の削減を図ると共に、知識と技術をもった人材を育成し、気候変動対策に取り組みます。

14 海の豊かさを守ろう

14.1 2025年までに、陸上活動による海洋堆積物や富栄養化をはじめ、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に減少させる。

14.3 あらゆるレベルでの科学的協力の促進などを通じて、海洋酸性化の影響に対処し最小限化する。

ウルシネクストは
漆を活かす・使う活動を通じて、ゴミをできるだけ出さないライフスタイルへの転換や、プラスチック製品の使用抑制を推進し、海洋汚染の防止に取り組みます。

15 陸の豊かさも守ろう

15.1 2020年までに、国際協定の下での義務に則って、森林、湿地、山地、および乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態系およびそれらのサービスの保全、回復、および持続可能な利用を確保する。

15.2 2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な管理の実施を促進し、森林破壊を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で植林と森林再生を大幅に増加させる。

15.4 2030年までに生物多様性を含む山地生態系の保全を確保し、持続可能な開発にとって不可欠な便益をもたらす能力を強化する。

15.5 自然生息地の劣化を抑制し、生物多様性の損失を阻止し、2020年までに絶滅危惧種を保護および絶滅防止するための緊急かつ重要な対策を講じる。

ウルシネクストは
ウルシノキの植樹、放置された土地の有効活用推進を通じて森林や里山、水源地の保全に取り組みます。

ウルシネクストへのお問い合わせTEL.019-656-7830

ご相談・お問合せ お気軽にご連絡ください。

私たちの活動と漆についてもっと知ってください

私たちは日本の漆を増やし、国宝・重要文化財、伝統工芸品、漆器といった文化や産業がしっかりと継承、発展する仕組みを作り、また漆という優れた天然素材を通してSDGsに取り組み持続可能な社会を目指しています。

メールアドレスの登録で、私たちからの情報が届きます。メンバー限定のコンテンツにもアクセスできます。ぜひご登録ください。