メディア掲載-プラスチックごみ削減の取り組みが紹介されました(朝日新聞)

朝日新聞夕刊(2019年4月11日)

NPO法人ウルシネクストは、ウルシノキを植樹して漆を増やし、漆の活用促進によってプラスチックの使用を減らそうという取り組みを進めています。この取り組みは環境省のプラスチックスマートのサイトで紹介されています。

この取り組みは長く使えて最後は自然に還る漆器などを上手に生活に取り入れることで、プラスチックゴミは減らせるのではないかという発想から来ています。

朝日新聞夕刊にて、ウルシネクストの取り組みが紹介されました。

 環境省のサイトでは、漆の活用も紹介されている。

漆製品は、長く使え、最後は自然にかえる。日本の漆生産の7割を占める岩手県では、地場の業者が国産漆の利用を広げるNPO法人「ウルシネクスト」を立ち上げ、「漆製品を生活に取り入れ、プラスチックごみ削減を」と訴え始めた。

プロジェクトの理事、松沢卓生さん(46)は「日本は古くから自然由来の素材を使いこなしてきた。昔ながらの知恵を生かせば、より環境に配慮した生活ができるだろう」と話す。

(2019年4月11日 朝日新聞夕刊より)

ダルマ製法のマネキン・漆器……脱プラで伝統工芸に注目(朝日新聞デジタル)

NPOウルシネクストをフォローして活動を応援してください

漆のもりびと倶楽部 会員募集中

漆のもりびと倶楽部は、漆のもり(森)を作り、漆をまもる(守り)活動を支える仲間の会です。

日本の文化を守り、地球環境を守るために、会員のみなさまのご支援でウルシの苗を育て野山に植樹して漆の森を作っています。

ご支援によって私たちは漆の森を拡げます。そして日本の漆を増やします。それが日本の国宝や文化財を守り、環境問題解決に向けた取り組みの助けとなります。

会員になって漆の森づくりを支援してください。