MENU
漆の話題まとめ-2019年5月23日

漆の話題まとめ-2019年5月23日

今日の話題 注目のニュース 山中漆器の職人が作った「ままごと漆器」発売! 日常の生活から漆器が縁遠くなり、子供が漆器にふれる機会が減る中で、おもちゃとしても遊べる漆器というのはいいですね! 倉敷・旧野崎家住宅所蔵の漆器展 […]
【動画】ウルシの種の準備から種まき作業まで

【動画】ウルシの種の準備から種まき作業まで

平成から令和にかけた連休中に、多くのボランティアの皆さまのご協力もいただきながら行われたウルシの植樹と種まき。 その様子が映像のプロのボランティアで動画になりました。ありがとうございます。
漆の話題まとめ-2019年5月12日

漆の話題まとめ-2019年5月12日

今日の話題 注目のニュース 世界のピアノを黒くしたのは日本の湿気? 『林先生』での意外な解説が話題に ピアノといえば「黒」があたりまえ。高級感があるし演奏者を引き立てる。しかし元々黒だったかといえば、どうも違うようだ。日 […]
漆の話題まとめ-2019年5月7日

漆の話題まとめ-2019年5月7日

今日の話題 注目のニュース 国産漆の生産拡大期し 盛岡市内で種まきと植樹 NPO法人のウルシネクスト 首都圏からも参加者 飯舘で国産「漆」生産始まる 村の若者ら広大な土地に苗木植樹 いいたて漆生産プロジェクトスタート 遊 […]
福島県飯舘村いいたて漆生産プロジェクトに協力

福島県飯舘村いいたて漆生産プロジェクトに協力

「いずれは漆を村の新たな特産品に育てたい」そんな思いで「いいたて漆生産プロジェクト(仮称)」が福島県飯舘村でスタートしました。 令和となって間もなくの5月4日、プロジェクト発起人の村議佐藤健太さん(37)が、村内の二十ア […]
メディア掲載-国産漆の生産拡大期し盛岡市内で種まきと植樹(盛岡タイムス)

メディア掲載-国産漆の生産拡大期し盛岡市内で種まきと植樹(盛岡タイムス)

盛岡タイムス(2019年5月3日) 2019年4月27日〜5月2日に行われたウルシネクスト主催のウルシの植樹と種まきの様子を取り上げていただきました。 国産漆の生産拡大期し 盛岡市内で種まきと植樹 NPO法人のウルシネク […]
ウルシ420本の植樹と1万粒の種まきを行いました

ウルシ420本の植樹と1万粒の種まきを行いました

ウルシネクストでは平成31年4月27日から令和元年5月2日まで、岩手県盛岡市上米内に漆の木の苗420本の植樹と種10,000粒を蒔きました。 期間中は連休にも関わらず、SNSなどの呼びかけに全国各地から多くのボランティの […]
漆の話題まとめ-2019年5月2日

漆の話題まとめ-2019年5月2日

今日の話題 注目のニュース 芸大生こだわりの必需品の数々…最終兵器「響声破笛丸」って一体何だ? 芸大生のなかなかキビしい「懐事情」楽器は100万円単位! 材料はオークションで競り落とす! 家屋修復! ブライダルの聖歌隊! […]
4月10日JAL日本航空イベント 東北市場@天王洲ビルにて漆の種を販売しました

4月10日JAL日本航空イベント 東北市場@天王洲ビルにて漆の種を販売しました

2019年4月10日、日本航空本社のある天王洲ビルにおいて東北物産販売会「東北市場@天王洲ビル」が開催されました。 ウルシネクストではこのイベントに出展し、漆(ウルシ)の種を販売いたしました。 今回の出展は、日本航空様よ […]
メディア掲載-トークイベントSatoyama カフェが行われました(The Japan Times)

メディア掲載-トークイベントSatoyama カフェが行われました(The Japan Times)

The Japan Times(2019年4月22日) 2019年3月8日に開催された「第8回 Satoyama カフェ」において、浄法寺漆産業代表取締役の松沢卓生氏が漆の現在と未来について語った様子が記事になりました。 […]
漆の話題まとめ-2019年4月26日

漆の話題まとめ-2019年4月26日

今日の話題 注目のニュース 空海に食事運ぶ「唐櫃」奉納 高野山の奥の院。弘法大師空海はここに今でも生きており、衆生のために祈っておられるという信仰から、1200年もの間、毎日2回食事が届けられています。その食事を運ぶ木箱 […]
漆の話題まとめ-2019年4月24日

漆の話題まとめ-2019年4月24日

今日の話題 注目のニュース オフシーズンこそ好機! つらい花粉症から解放される「舌下免疫療法」 花粉症などアレルギーの治療に高い効果がある舌下免疫療法。舌の下に抗原エキスをおいて粘膜から吸収させ、徐々に体質を変えていく療 […]
漆の話題まとめ-2019年4月23日

漆の話題まとめ-2019年4月23日

今日の話題岩手の漆を日本酒で応援 盛岡の酒蔵が共同プロジェクト開始漆の匠へ決意の一歩 二戸で技術学び今春独立こだわりのブルー!木の魅力、塗りの魅力が引き出された木製食器「KyutarouBlue」が美しい! 木場潟公園に群生の「ノウルシ」見頃に
漆の話題まとめ-2019年4月21日

漆の話題まとめ-2019年4月21日

今日の話題 吉崎東別院が大改修、御影お迎えへ 日本の工芸作品を世界に–ブロックチェーン活用のアートプラットフォーム「B-OWND」開始 京都・因幡堂平等寺の弘法大師坐像 秀吉の「大仏」手がけた仏師作と判明 漆 […]
漆掻き道具 その4|漆掻き技術(8)

漆掻き道具 その4|漆掻き技術(8)

漆掻き技術1では、全国に共通する漆掻き道具であり作業内容である旨を記しました。 それでも、各地を回り、漆掻きさんに会ってお話を伺うと特色ある道具に出合うことがあります。 そのいくつかを紹介します。ある地域で長年にわたって […]
漆掻き道具 その3|漆掻き技術(7)

漆掻き道具 その3|漆掻き技術(7)

漆鎌の製造 前回はカキカンナの名称を用いましたが、福井県の記述に基づき今回は「漆鎌」を使用します。 粟田部漆鎌ともいわれ、「現在形に完成した創始者は初代春田惣兵衛であった」(『郷土史往来』)といいます。 左の写真は漆鎌の […]
漆掻き道具 その2|漆掻き技術(6)

漆掻き道具 その2|漆掻き技術(6)

前回(漆掻き道具 その1)で見た道具の中で、漆掻きさんが自作できるものはタガッポウとドウグブクロです。 多くの道具は鍛冶から購入して、それに柄をつけて用いています。ヘラを自作する漆掻きさんは時には見られます。 このページ […]
漆掻き道具 その1|漆掻き技術(5)

漆掻き道具 その1|漆掻き技術(5)

下の写真は、岩手県浄法寺町とその周辺地域のある漆掻きさんが用いる漆掻き道具です。 個人により、地域により、さらに加える道具もありますが、写真の道具が現在の国内で共通するものと考えて差し支えないと思います。 ただし、それぞ […]
作業のいろいろ その3|漆掻き技術(4)

作業のいろいろ その3|漆掻き技術(4)

このページの目次枝掻(えだがき)瀬占掻(せしめがき) 枝掻(えだがき) 止掻を終えた11月は、岩手県浄法寺町とその周辺地域ではウルシノキは落葉し、雪が降る天気も多くなります。 その時期の漆掻き作業は枝掻となります。 枝に […]
作業のいろいろ その2|漆掻き技術(3)

作業のいろいろ その2|漆掻き技術(3)

このページの目次辺掻(へんがき)浦(裏)目掻(うらめがき)止(留)掻(とめがき) 辺掻(へんがき) 前回は、2回目の傷・2辺目のあげやまで終えていました。 間3日おいて5日目に、3辺目をつけます。 最下部の目立部分では目 […]
京都府夜久野町 衣川光治さん|漆掻きさん(15)

京都府夜久野町 衣川光治さん|漆掻きさん(15)

自らは日本生漆研究会を設立し、日本に国立生漆研究所の設置を願いました。温厚な人柄の中にも熱い情熱を内に秘める方であると思います。 衣川さんは丹波の漆掻きさんで、丹波漆生産組合長を務められた方です。 丹波地方は、漆掻きの技 […]
茨城県大子町 山本みつさん 山本光二さん|漆掻きさん(14)

茨城県大子町 山本みつさん 山本光二さん|漆掻きさん(14)

昭和51年、大子町に山本生漆問屋を訪ねたことがあります。漆掻きさんではないのですが、その内容には詳しいことからここに記します。 大子の駅を出ると、看板が目に付いたため、突然ですが玄関をたたいたのです。私の勝手な、しかも突 […]
福島県北塩原村 赤城 馨さん 福島県熱塩加納村 上野幸庫さん|漆掻きさん(13)

福島県北塩原村 赤城 馨さん 福島県熱塩加納村 上野幸庫さん|漆掻きさん(13)

このページの目次福島県北塩原村 赤城馨さん福島県熱塩加納村 上野幸庫さん 福島県北塩原村 赤城馨さん 祖父弁次郎さんは明治から昭和初期まで、父嘉一さんは大正から昭和の戦後まで、そして三代目の馨さんは昭和戦後から16年間漆 […]
新潟県柏崎市 佐藤佐平さん 新潟県朝日村 渡邊勘太郎さん|漆掻きさん(12)

新潟県柏崎市 佐藤佐平さん 新潟県朝日村 渡邊勘太郎さん|漆掻きさん(12)

このページの目次新潟県柏崎市 佐藤佐平さん新潟県朝日村 渡邊勘太郎さん 新潟県柏崎市 佐藤佐平さん 佐藤家は、庄右衛門さん・平助さん・佐平さんと親子三代にわたり漆掻きを家業としてきました。 現柏崎市西長鳥はかつての北条郷 […]
青森県田子町 増田定雄さん 奥家 弘さん|漆掻きさん(11)

青森県田子町 増田定雄さん 奥家 弘さん|漆掻きさん(11)

このページの目次増田定雄さん奥家 弘さん 増田定雄さん 学生時代、前年から文献書物で漆掻きの作業を調べていました。そういう折、田子町で紹介された方が増田定雄さんです。 昭和50年4月、上郷の自宅を訪ねさせていただき、初め […]
岩手県浄法寺町 小又米蔵さん|漆掻きさん(10)

岩手県浄法寺町 小又米蔵さん|漆掻きさん(10)

浄法寺町の小又米蔵さんは、創意工夫の漆掻きさんであると考えます。 漆掻きの師匠は、增田榮松さんと堀口恵四郎さんだといいます。 周りの師匠や親方は職人気質で自分が持つ腕前を教えてはくれないが、二人の師匠はよくしてくれたとい […]
岩手県浄法寺町 岩舘正二さん|漆掻きさん(9)

岩手県浄法寺町 岩舘正二さん|漆掻きさん(9)

今回からは、実際にお話をうかがいご指導いただいた漆掻きさんについて書いていきます。 初めに取り上げる岩舘正二さんこそ、かつての浄法寺漆の名声を維持し、今日までその名をとどろかせた立役者であろうと考えます。 岩舘さんは、昭 […]
越前衆のこと|漆掻きさん(8)

越前衆のこと|漆掻きさん(8)

明治41年、農商務省山林局から発行された『地方ニ於ケル漆樹及漆液ニ關スル状況』の中に、県別の出稼人數と入稼人數が示されています。多分明治40年の記録と思われます。 出稼人數をみますと福井1,560人、新潟102人、石川8 […]
南部生漆生産集荷組合のこと|漆掻きさん(7)

南部生漆生産集荷組合のこと|漆掻きさん(7)

漆掻きさんを取りまとめる人物を元締と呼び、時期によっては漆集荷人とも漆業者ともいいました。 そして、そのような人物の多くは福井県出身の者であったことは、これまでの記述から明らかでしょう。 福井県人の活躍を象徴する組織がか […]
上坂謙治さん・武信さん親子|漆掻きさん(6)

上坂謙治さん・武信さん親子|漆掻きさん(6)

上坂謙治さんは、最後の漆掻き元締めだっただろうと考えます。 明治24年、福井県今立町朽飯に生まれます。明治38年には会津若松市の漆店に入社し、同42年に秋田県仙北町で漆採取に従事します。 そして、明治45年青森県田子町で […]

ご支援をよろしくお願いいたします

私たちは日本の漆を増やし、国宝・重要文化財、伝統工芸品、漆器といった文化や産業がしっかりと継承、発展する仕組みを作り、また漆という優れた天然素材を通してSDGsに取り組み持続可能な社会を目指しています。

私たちの活動は皆さまからのご理解、ご協力、さまざまなご支援に支えられています。

どうぞよろしくお願いいたします。
PAGE TOP
テキストのコピーはできません。