上米内駅リニューアル1周年記念祭のトークセッションに ウルシネクスト理事長の柴田が登壇しました

4月29日(木・祝)に、ウルシネクストのパートナーである一般社団法人次世代漆協会が主催する「上米内駅リニューアル1周年記念祭」が行われ、トークセッションに理事長の柴田が登壇しました。

上米内駅は「漆の森づくり」の拠点として、昨年同日に無人駅を改装しオープン。
十分な感染対策を施して、この1年の地域の方々への感謝の思いを込めて、駅舎内での漆器類の展示販売や漆工房見学、実際に漆器を使って食事ができる1日限定の駅前食堂のオープンなど、漆を身近に感じていただくことを目的に様々なイベントを実施しました。

当日は、昨年のオープン時に走らせることが叶わなかった臨時列車「上米内*ウルシGO」をJR東日本が2往復運行、駅舎リニューアル時の支援者による1日駅長の復活など、1周年記念祭に大きな華を添えていただきました。

漆関係者が登壇したトークセッションでは、集まった来訪者の皆さんに「漆の森づくり」 のきっかけや上米内駅の役割、今後にかける想いなどをそれぞれの立場で発表しました。

当初懸念していた集客も、終わってみれば無人駅「上米内駅に」に200人を超える来訪者が集まり、多くの方々に漆との触れ合いを楽しんでいただき、大盛況で終了しました。

漆SDGsバッジの購入で植樹を支援!

漆をSDGsの達成につなげていきたいとの思いで、昨年日経新聞社のクラウドファンディングに出展した天然素材「漆」で作るSDGsのバッジ。おかげさまで沢山の方からご賛同をいただき、目標金額を大きく上回る318%を達成し、その後商品化。これまで延べ200名を超える皆さまにご購入いただきました。この商品の収益は、ウルシネクストの活動費として植樹など漆の振興に活用させていただきますので、引き続きご支援よろしくお願いします!