MENU

漆で未来は変えられる NPO法人ウルシネクスト

漆の森を作り、漆を守る

何世代にも渡って大切に守られ、私たちの世代に引き継がれた国宝や重要文化財。それがいま失われつつあります。

その原因は漆(うるし)の不足です。

仏像、寺社建築、工芸品など、数多くの国宝や重要文化財には漆が使われています。有名なものだけでも法隆寺玉虫厨子、興福寺阿修羅像、東大寺法華堂不空羂索観音立像、厳島神社、平等院鳳凰堂、中尊寺金色堂、金閣寺、日光東照宮など枚挙にいとまがありません。
それらは修復作業を繰り返しながら維持、保存されていますが、漆が足りないために修復作業ができないことで、劣化などの危機に陥っているのです。

現在、日本で使われている漆の97〜98%は中国産です。伝統工芸の漆器ですら国産漆で作られているものは非常に稀です。国産漆はほぼ文化財の修復に使われていますが、それでも必要な量の半分以下でしかありません。

漆はウルシの木の樹液です。15年ほど育てたウルシの木に傷をつけ、滲み出す樹液を1滴1滴掻き集めて採れる漆は200gとごくわずか。しかも1回限りで切り倒されますので、ウルシの木は減り続けています。

漆はすぐに増やすことではできません。種を撒き、苗を育てて野山に植え、15年後にやっと漆が採れます。

手間も時間もかかることですが、いま取り掛からなくては、国宝・重要文化財という日本人の誇りであり、先人たちの生きた証であり、そして次の世代がグローバルな世界で生きていくための礎が永遠に失われてしまいます。

私たちはNPO法人を設立しウルシの木を植える活動をはじめました。どうぞ私たちの仲間になってください。共に漆を増やしましょう。1本1本のウルシの木が日本の宝を守り、次の世代の未来につながります。

漆のもりびと倶楽部 入会のご案内

活動とメディア掲載

漆の実の脱穀をしました

漆の実の脱穀をしました

櫛を使って漆の実の脱穀をしました。縄文の遺跡からは漆塗りの櫛が出土していますが、脱穀にも使われていたかもしれません。 ...
環境省プラスチック・スマート事例として紹介されました

環境省プラスチック・スマート事例として紹介されました

回収されずに海に流れ込む海洋プラスチックごみが、地球規模の問題としてその対策が急がれています。 海洋プラスチックごみは毎日毎日大量に発生しています。 自然に分解されないプラスチックは長期間に渡って海に残り、中には粒子状に ...
昔の漆の産地を調べてみました

昔の漆の産地を調べてみました

かつては日本中で漆が採られていたそうですが、ではそれはどこなのか?それを知りたくて調べてみました。 明治40年出版の「実用漆工術」という書物には武井藤助氏の生漆標品に係る産地として次の30ヶ所が紹介されています。 追記: ...
メディア掲載-岩手産漆の量産目指せプロジェクト始動(デーリー東北)

メディア掲載-岩手産漆の量産目指せプロジェクト始動(デーリー東北)

岩手産漆 量産目指せ 盛岡で植林プロジェクト 有志団体 漆製品開発も見据え 全国一の生産量を誇る岩手県産漆の価値向上を目指し、盛岡市などの有志が漆振興プロジェクト「ウルシネクスト」を立ち上げた。植林から漆製品の開発、自然 ...
一戸町で漆の実を集めました。

一戸町で漆の実を集めました。

岩手県立一戸高校の先生のご協力をいただいて、一戸町内数箇所で漆の実を採取しました。 雪が降る前に採取しなければなりませんし、来年の苗木づくりのために大量の実が必要なので、なによりもこの仕事が優先です。おかげさまでたくさん ...
メディア掲載-漆増産へ発想を大転換 岩手でプロジェクト始動(河北新報)

メディア掲載-漆増産へ発想を大転換 岩手でプロジェクト始動(河北新報)

全国どこにでも行きます!漆増産へ発想を大転換 岩手でプロジェクト始動、生産量4倍目指す 全国どこでもうかがいます-。最新の移動式機械を現地に運び込んで漆を採取しようという試みが、漆の生産量日本一の岩手県で始まる。地道な植 ...

漆のもりびと倶楽部 会員募集中

漆のもりびと倶楽部は、漆のもり(森)を作り、漆をまもる(守り)活動を支える仲間の会です。

日本の文化を守り、地球環境を守るために、会員のみなさまのご支援でウルシの苗を育て野山に植樹して漆の森を作っています。

ご支援によって私たちは漆の森を拡げます。そして日本の漆を増やします。それが日本の国宝や文化財を守り、環境問題解決に向けた取り組みの助けとなります。

会員になって漆の森づくりを支援してください。
PAGE TOP