神奈川県秦野市、ウルシの植樹際を支援

3月6日 (日)、神奈川県秦野市柳川で第1回ウルシの植樹祭が開催され、ウルシネクストから50本の苗木を支援しました。

主催は秦野市観光振興課の高橋様と同市ヤビツ峠レストハウスの平野様。
お二人とは漆が取り持つご縁で昨年知り合い、11月に盛岡市上米内の植樹にご参加いただいたのを機に、秦野市でも漆の振興を行いたい!との熱意から、今回の植樹際が実現しました。

当日は、土地所有者の高橋様と子供たちを含むご家族ご親族を中心に総勢15名が集まり、快晴の空の下、1時間半ほどで50本の苗木を植えました。

高橋様は今回の植樹を機に、漆の啓蒙と活用を秦野市で推進していくきっかけになれば、と抱負を語られていました。

平野様は、レストハウスの運営に加え、東京、神奈川で「金継ぎ教室 淘」を主催し、暮らしの中に金継ぎという仕種を取り入れる提案を精力的に行われています。
秦野市でもっと周りを巻き込んで漆を盛り上げていきたいと意欲満々です。

秦野市は、漆窪という漆の文字が使われている地名があり、丹沢山地ではその昔漆の生産をしてたなど、漆には歴史的に縁のある土地。お二人が中心となって始まった秦野市・漆復活への取り組みを、ウルシネクストはこれからも応援していきたいと思います!

今回のご縁を繋いでくださった株式会社ロッソの早川様、遠路、盛岡からウルシの苗木と資材を持って植樹支援に駆けつけてくださった一般社団法人次世代漆協会の細越様、千葉様、有り難うございました!


漆SDGsバッジの購入で植樹を支援!

漆をSDGsの達成につなげていきたいとの思いで、昨年日経新聞社のクラウドファンディングに出展した天然素材「漆」で作るSDGsのバッジ。おかげさまで沢山の方からご賛同をいただき、目標金額を大きく上回る318%を達成し、その後商品化。これまで延べ200名を超える皆さまにご購入いただきました。この商品の収益は、ウルシネクストの活動費として植樹など漆の振興に活用させていただきますので、引き続きご支援よろしくお願いします!