漆掻きさんの人数(5)大正期の国の調査による人数

大正期の国の調査による人数

大正12年に『漆樹及漆液ニ關スル調査』(農商務省山林局)が発行され、その中に「漆液掻取人夫(明治四十年大正六年)現在數比較」と題する表があります。大正6年分だけを見てみましょう。

稼人数の多い順に10県を示します。    (単位は人)

類種別地方別 府縣内稼 出  稼 入  稼 稼人数(府県内稼

ト入稼ノ合計)

石 川 146    31     ―   146
新 潟    94    34     ―    94
巖 手    92     ―     ―    92
秋 田    70     ―     ― 70
茨 城    20     ―    40     60
山 形    47     ―     ―     47
徳 島    40    75     ―    40
靑 森    34     ―     ―    34
福 井    32   134     ―    32
岡 山    32     4     ―    32
 計   774   321   123   897

 

本文の記述に、上表以外の数値を加えてみると次のようになります。

「一、縣外ヘ出稼スル漆掻人夫ヲ有スル地方

京都8、兵庫3、新潟、奈良17、石川、岡山4、廣島13、徳島、愛媛1 計十府縣

二、縣内二於テ漆掻人夫ヲ有スル地方(前記各府縣ノ外左ノ如シ)

神奈川15、埼玉1、茨城、栃木4、長野2、巖手、靑森、山形、秋田、鳥取19、和歌山30、熊本4、宮崎9 計十三縣」

府縣は略し、数字の単位は人です。他県から入稼の漆掻きさんがいる県は、茨城の40人を始め福島25人、山梨20人、栃木15人、岐阜15人、宮城8人,計6県123名となっています。

明治40年から大正6年までの10年間で大きく変容しました。

・他県へ出稼ぎする漆掻きさんは1,883人から321人へ減少しました。

福井県人の1,560人が134人への減少が大きいのです。

・出稼ぎ人が少ないということは入稼ぎ人の減少に直結しています。

1,258人から、123人へと減ってしまいました。

・明治40年の漆掻きさん4,963人が897人まで減りました。5,000人が1,000人を切ったと言うべきでしょうか。

明治10年は10,000人、同40年は4,963人、大正6年は897人とみてきますと、明治10年から30年間で半減し、その後の10年間でさらに5分の一にまで減少したことになります。

大正期の青森県の様子

『大正6年青森県統計書』工業の「漆液」は、次のように記します。

正味・瀨濕・雑液の合計生産量 左の郡別生産量 製造戸数 左の郡別戸数
1,875貫 三戸郡   855貫

弘前市  1,020貫

4戸 三戸郡   2戸

弘前市   2戸

 

さらに、「工家ノ職業別」の中に「漆掻職」があり、県合計31人(三戸郡30人、中津軽郡1人)とあります。(上表の記述には取扱いの不備があるでしょう)

執筆者プロフィール

橋本芳弘
橋本芳弘
昭和30年  青森県三戸郡新郷村谷地中に生まれる。
昭和52年  弘前大学 工業試験場 漆工課卒業
昭和52年~ 教職に携わり夏休み中に全国の漆産地を行脚
平成8年~  平成21年度青森県史編纂調査研究員(文化財部会推薦)
平成28年~平成31年3月  青森県新郷村教育委員会教育長

漆のもりびと倶楽部 会員募集中

漆のもりびと倶楽部は、漆のもり(森)を作り、漆をまもる(守り)活動を支える仲間の会です。

日本の文化を守り、地球環境を守るために、会員のみなさまのご支援でウルシの苗を育て野山に植樹して漆の森を作っています。

ご支援によって私たちは漆の森を拡げます。そして日本の漆を増やします。それが日本の国宝や文化財を守り、環境問題解決に向けた取り組みの助けとなります。

会員になって漆の森づくりを支援してください。