漆掻きさんの創意と工夫(1)

漆掻きさんの創意と工夫 1

漆掻きさんの仕事に同行して話をうかがうと、長年の経験に基づく作業等の工夫を拝見し、心に残るものがあります。そのいくつかを紹介します。

「立(た)て」のつくり方

漆掻きさんは、その日に採取するウルシノキを100~150本も用意します。そして、漆液採取のウルシノキの順番を決めています。採取量を多くし効率よく回るためです。

ウルシノキにカンナで傷を入れヘラで採取しても、漆液はまだまだ流れ出てきます。2度目、3度目のヘラが必要になります。そこで、「10本一(ひと)立て」あるいは「一立て10本」と呼び、100~150本をグループ分けしているのです。

ウルシノキが10本あるとすると、1本目から採取しその次は2本目へ、次は3本目へと作業を進めます。10本目が終わる頃には、1本目の傷には漆液が溜まったり流れ出たりしています。そうすると、1本目から2本目へ、3本目へと再度ヘラを使うのです。このように作業するウルシノキ10本のまとまりを「立て」と呼びます。ヘラ使いで二巡すると(漆液が良く出る場合は三巡目もあるわけです)、次の「立て」に移動するのです。

近くに生育するウルシノキを10本まとめることは容易に予想できますが、太さや漆の出方(滲出する速さと分量)により一立てが7・8本であったり15本であったりするのです。

また、その日が十立てあるとすると、その立てを回る順番も決めているのです。漆液は、朝と夕方に多く滲出します。漆掻きさんのなかには「朝十時までにその日の半分を採取する」という方もいます。そこで、一番漆液が滲出する立てでその日の最初に作業します。日中は気温が高く傷口の漆は流れやすくなるため、あまり滲出しない立てに移動します。そして、その日の最後は夕方の作業となることから、滲出量の多い立てに回るという具合です。

朝早くから作業する立てを「朝立て」と呼び、滲出量の最も多い木をまとめ、日の出後2~3時間で採取を終えます。次の立ては「二番立て」と呼び、日中の立ては「日中(ひなか)立て」と呼びます。そして、夕方に作業する立ては「宵(よい)立て」といい、朝立てに次いで滲出量の多い木をまとめることになります。

朝夕の湿度や気温により漆液の滲出量が多くなるというウルシノキの生理に対応した漆掻きさんの知恵を見ることができるのです。

執筆者プロフィール

橋本芳弘
昭和30年  青森県三戸郡新郷村谷地中に生まれる。
昭和52年  弘前大学 工業試験場 漆工課卒業
昭和52年~ 教職に携わり夏休み中に全国の漆産地を行脚
平成8年~  平成21年度青森県史編纂調査研究員(文化財部会推薦)
平成28年~平成31年3月  青森県新郷村教育委員会教育長

漆のもりびと倶楽部 会員募集中

漆のもりびと倶楽部は、漆のもり(森)を作り、漆をまもる(守り)活動を支える仲間の会です。

日本の文化を守り、地球環境を守るために、会員のみなさまのご支援でウルシの苗を育て野山に植樹して漆の森を作っています。

ご支援によって私たちは漆の森を拡げます。そして日本の漆を増やします。それが日本の国宝や文化財を守り、環境問題解決に向けた取り組みの助けとなります。

会員になって漆の森づくりを支援してください。