展覧会情報 -特別展 URUSHI 伝統と革新-MOA美術館

特別展 URUSHI 伝統と革新

  • 会期 2019.03.15|金| – 2019.04.16|火|
  • 場所 MOA美術館(静岡県熱海市)
  • http://www.moaart.or.jp/events/urushi/

概要(MOA美術館より)

日本は世界に卓越する工芸の伝統を有し、なかでも漆芸は、日本を代表する工芸として1300年以上の永い歴史を持ち、芸術的にも技術的にも高度の発達をとげ継承されてきました。
近代以降多くの漆芸家が、漆芸の近代化と普及に尽力して礎を築き、昭和30年には日本工芸会が発会し、日本伝統工芸展は作家らの活躍の場となりました。本展は、同会の漆芸部会展である日本伝統漆芸展が第35回展を迎えることを記念して開催するもので「江戸時代末期から戦前までの近代の名匠」、「重要無形文化財制度と日本工芸会」、「日本伝統漆芸展の開催」、「11名の重要無形文化財保持者を中心に現在活躍している作家たち」の4つのテーマを設け、近代から現代への漆芸の歩みを俯瞰します。
伝統的な技の継承とともに革新的な新たな創作に取り組んできた漆芸の世界をご堪能ください。

漆のもりびと倶楽部 会員募集中

漆のもりびと倶楽部は、漆のもり(森)を作り、漆をまもる(守り)活動を支える仲間の会です。

日本の文化を守り、地球環境を守るために、会員のみなさまのご支援でウルシの苗を育て野山に植樹して漆の森を作っています。

ご支援によって私たちは漆の森を拡げます。そして日本の漆を増やします。それが日本の国宝や文化財を守り、環境問題解決に向けた取り組みの助けとなります。

会員になって漆の森づくりを支援してください。