漆の話題まとめ-2019年3月31日

今日のニュース

注目のニュース

【職人のこころ】漆列島と木地師 (民俗情報工学研究家 井戸理恵子氏の連載コラムです)

筆者が言うように、「塗師の傍らには腕のよい目利きとしての「木地師」がいた。」

漆器づくりにおいては、漆を塗る塗師(ぬし)さんに加え、山に入って木を切り、ロクロを使って木からお椀やお盆を作る職人である木地師さんの存在が欠かせません。

輪島、山中、川連、紀州、若狭、津軽といった産地が、それぞれに特徴ある漆器を生み出してきた背景には、各地を点々と移り住み、その土地に根ざした木材をその土地の器として生み出す、木地師の天性の感性があったのですね。

漆SDGsバッジの購入で植樹を支援!

漆をSDGsの達成につなげていきたいとの思いで、昨年日経新聞社のクラウドファンディングに出展した天然素材「漆」で作るSDGsのバッジ。おかげさまで沢山の方からご賛同をいただき、目標金額を大きく上回る318%を達成し、その後商品化。これまで延べ200名を超える皆さまにご購入いただきました。この商品の収益は、ウルシネクストの活動費として植樹など漆の振興に活用させていただきますので、引き続きご支援よろしくお願いします!