明治以前の漆液の主要産地を地図にしてみました。

明治時代に出版された「実用漆工術」(石井吉次郎・一戸清方)には、東京霊岸島武井藤助氏の生漆標品の産地として、主要な漆液の産地30箇所が紹介されています。

その産地を見やすく地図にまとめてみました。

昔の地名をたどっているので、場所に多少のずれはあるかもしれません。

明治以前の漆液産地地図

武井藤助

徳川幕府の御細工所蒔絵師棟梁である幸阿弥因幡の仕手頭。古満派。
幕末から明治にかけて活動した幸阿弥派の漆工家、蒔絵師である川之邊一朝の師匠である。

NPOウルシネクストをフォローして活動を応援してください

ご支援をよろしくお願いいたします

私たちは日本の漆を増やし、国宝・重要文化財、伝統工芸品、漆器といった文化や産業がしっかりと継承、発展する仕組みを作り、また漆という優れた天然素材を通してSDGsに取り組み持続可能な社会を目指しています。

私たちの活動は皆さまからのご理解、ご協力、さまざまなご支援に支えられています。

どうぞよろしくお願いいたします。