明治以前の漆液の主要産地を地図にしてみました。

明治時代に出版された「実用漆工術」(石井吉次郎・一戸清方)には、東京霊岸島武井藤助氏の生漆標品の産地として、主要な漆液の産地30箇所が紹介されています。

その産地を見やすく地図にまとめてみました。

昔の地名をたどっているので、場所に多少のずれはあるかもしれません。

明治以前の漆液産地地図

武井藤助

徳川幕府の御細工所蒔絵師棟梁である幸阿弥因幡の仕手頭。古満派。
幕末から明治にかけて活動した幸阿弥派の漆工家、蒔絵師である川之邊一朝の師匠である。

漆SDGsバッジの購入で植樹を支援!

漆をSDGsの達成につなげていきたいとの思いで、昨年日経新聞社のクラウドファンディングに出展した天然素材「漆」で作るSDGsのバッジ。おかげさまで沢山の方からご賛同をいただき、目標金額を大きく上回る318%を達成し、その後商品化。これまで延べ200名を超える皆さまにご購入いただきました。この商品の収益は、ウルシネクストの活動費として植樹など漆の振興に活用させていただきますので、引き続きご支援よろしくお願いします!