水の月に

文と写真:中根 多香子

「洗ってあげるとな、漆が喜ぶんや」
水無月になると、塗師(ぬし)から聞いた言葉を思い出します。

乾燥が苦手な漆器にとって、毎日使うことは何よりのお手入れ。
潤いのある人肌と触れ合い、流水を浴びることは、漆にとってよい水分補給になるのだそう。
漆器の魅力のひとつが「使っても洗っても心地よく癒される」ことですから、こちらこそありがとう、という気持ちになります。

漆と水の関わりは、漢字の成り立ちからもよくわかります。
梅、松、桜など木を表す漢字は必ず木へんなのに、漆だけは「さんずい」なのです。
水を表す「氵」に、木に傷をつけ樹液がしたたる様子を表す象形文字「桼」を組み合わせたのが「漆」。
古の人が漆の樹液に価値を見いだした歴史をよく表しています。

おもしろいことに、漆は水分を取り込みながら乾くという個性を持っています。
「乾く」ではなく、「固まる、硬化する」といった方がしっくりくるでしょうか。
漆器づくりでは、「塗師風呂(ぬしぶろ)」と呼ばれる、硬化に最適な温度と湿度を保つ収納庫で寝かす工程があります。
湿度の高い日本において、漆工芸が育まれたのは必然だったといえるでしょう。

庭の紫陽花を手折り、漆鉢にそっと生けました。
漆を潤す恵みの雨が、今日もしとしとと優しく降り注いでいます。

 

執筆者プロフィール

中根多香子
中根多香子
漆芸プロデューサー / 箸文化大使

JAL国際線CA・要人接遇を経て、YUI JAPAN設立。「うるしのある麗しいくらし」をテーマに、心豊かなライフスタイルを提唱。美しい伝統を大切に、輪島塗、和の作法など日本の美意識を国内外へ伝え続けている。ウルシネクストパートナーとしてSDGsにも注力、漆を通じて平和で持続可能な社会を目指している。

公式Webサイト
https://yuijapan.jp

漆SDGsバッジの購入で植樹を支援!

漆をSDGsの達成につなげていきたいとの思いで、昨年日経新聞社のクラウドファンディングに出展した天然素材「漆」で作るSDGsのバッジ。おかげさまで沢山の方からご賛同をいただき、目標金額を大きく上回る318%を達成し、その後商品化。これまで延べ200名を超える皆さまにご購入いただきました。この商品の収益は、ウルシネクストの活動費として植樹など漆の振興に活用させていただきますので、引き続きご支援よろしくお願いします!