五感で涼を

文と写真:中根 多香子

カランコロン
浴衣をまとい、暑気払いに近所へお出かけ。
漆の下駄が奏でる軽やかな音に心もはずみます。

 

下駄は輪島の祖母が大切に仕舞っていたもの。
赤い鼻緒が私には小さめでしたので、鼻緒だけ好みの色とサイズにすげ替えてもらいました。
おかげで歩きやすくモダンに仕上がり、夏のおしゃれのとっておきです。

そっと素足をすべらせると、ひんやりとした感触にまずうっとり。
そして、漆特有のしっとりしたあたたかさに包まれて、心が和らぎます。
ふだんは手のひらで漆を愛でますが、足の裏と漆がぴったりフィットして、えもいわれぬ心地よさなのです。

 

蒔絵で魚たちが描かれた漆盃に、キンと冷えたお酒を注ぐと、今にも悠々と泳ぎ出しそう。
愛用する漆のスプーンでかき氷をいただくのは口福ですし、漆のタンブラーで飲むハイボールは夏の夜の愉しみのひとつ。
下地に使われる珪藻土のおかげで、保温性だけでなく保冷性にも優れている輪島塗は、氷が溶けにくく、結露も気にせずくつろげます。

四季おりおりに漆とふれあうことで、感覚がゆっくり研ぎ澄まされていくのです。

 

音で涼をとる風鈴、ふわりと香る白檀の扇子、見た目にも涼しげな打ち水、そして夏きもの。
蒸し暑い夏をより快適に過ごすために、日本人は五感で涼をとる工夫を重ねてきました。
あわただしい現代こそ、伝統の知恵や工藝品をくらしの中に受け入れて、夏の風情をたっぷり愉しみたいものですね

執筆者プロフィール

中根多香子
中根多香子
漆芸プロデューサー / 箸文化大使

JAL国際線CA・要人接遇を経て、YUI JAPAN設立。「うるしのある麗しいくらし」をテーマに、心豊かなライフスタイルを提唱。美しい伝統を大切に、輪島塗、和の作法など日本の美意識を国内外へ伝え続けている。ウルシネクストパートナーとしてSDGsにも注力、漆を通じて平和で持続可能な社会を目指している。

公式Webサイト
https://yuijapan.jp

漆SDGsバッジの購入で植樹を支援!

漆をSDGsの達成につなげていきたいとの思いで、昨年日経新聞社のクラウドファンディングに出展した天然素材「漆」で作るSDGsのバッジ。おかげさまで沢山の方からご賛同をいただき、目標金額を大きく上回る318%を達成し、その後商品化。これまで延べ200名を超える皆さまにご購入いただきました。この商品の収益は、ウルシネクストの活動費として植樹など漆の振興に活用させていただきますので、引き続きご支援よろしくお願いします!